home sitemap
お問い合わせ先
045-662-4632
045-662-4631
メインイメージ
Home > インプラント > インプラント

インプラント

インプラント治療ってなに?

インプラント治療とは、局所麻酔下で歯ぐきを切開し、顎の骨に「人工歯根」を埋入する手術のことです。
インプラントと周囲の骨が完全に統合されるまで約6〜12週間待ち、それを確認した後に人工歯をかぶせます。
インプラントは治療後はしっかりと噛むことができ、第2の永久歯として「歯のある生活」を確実に取り戻せます。
歯の欠損を放置するととても危険ですので、一日でも早く治療を行いましょう。

長期に渡る安定した口腔状態を維持するために


何故インプラントなのか

以前は歯がなくなってしまうと入れ歯やブリッジをするというのがあたりまえでした。
しかし多くのリスクがありました。
入れ歯は歯ぐきの上から噛むもので、長い間入れ歯をしていると圧迫により骨が溶けて歯ぐきが萎縮してしまったりすることがあります。
また、入れ歯を支える自分の歯に負担がかかり、早期に歯が脱落することもありました。
ブリッジは健康な歯でも削ってしまうことが多いのです。
支台への力学的負担も多く、早期に自分の歯が悪くなってしまうこともあるのです。
インプラントの場合は元の歯があった箇所にもう一度チタンの人工歯を埋め、顎の骨で固定をするので、ぐらつきもなく以前と同じように食事等ができ、歯列全体が安定するようになります。

入れ歯で歯ぐきの骨が溶けてしまっています インプラント治療後